慶應バイオバンク これからの医学医療の発展のために

「バイオバンク」とは

 血液や組織など人の体に由来する「試料」と、診断や治療を通じて得られる疾患名や検査結果など人の健康や病気に関する「情報」を、普段から集めて保管しておき、それらが必要な研究が行われる際に、研究者へ提供する「貯蔵所」にあたるものです。試料と情報は、互いに結びつく形でバイオバンクに保管されています。

 近年、研究方法の進歩により、試料に含まれるタンパク質などの成分を調べる研究やタンパク質の設計図などを調べるゲノム・遺伝子の研究が、病気の原因の解明や、新たな予防・診断・治療の方法を開発するうえでとても重要になっています。こうした研究は、試料に結びつく情報と合わせて研究を行うことで、より大きな成果につながることが期待されます。また、一人一人に合った、より効果が大きく、より副作用が少ない医療を提供するためには、さまざまな情報を用いた多角的な研究が必要です。これらの研究を行うためには、多くの方から試料や情報をご提供いただく必要があります。

 バイオバンクでは、試料・情報を集めた段階では、どのような研究に利用されるかが確定していないことがあるため、皆さまから試料・情報を集める際には、それらがどのように利用されるのかを詳しく説明することができません。具体的な研究利用状況はバイオバンク側が定期的に公開する内容でご確認いただくという形になります。このような趣旨をご理解いただいた上で、ご賛同いただく同意は、同意内容が広範であるため、広範同意と言います。






慶應バイオバンクでは

 慶應義塾大学病院を受診される方(検診を受診される方を含みます)および慶應義塾が行う健康診断の受診者(教職員等)等から、広範同意のもと、診療、検査あるいは健康診断を目的として、検査や手術で採取した試料の残りや情報をご提供いただき、どなたのものかわからないように匿名化された形で保管いたします。

 そして、病気や健康に関わる研究を行う研究者から利用の求めがあった場合、その利用目的や範囲、診療上の影響が無いことなどを本バイオバンクの試料・情報利活用審査委員会で審議され、その後、倫理審査委員会で承認された場合に限り、提供しています。